まずは動画をご覧ください 時田ひろみつの授業
動画を2点、公開中です。
時田ひろみつのセミナー、授業の様子などをご覧ください。

時田ひろみつの授業動画サンプルはこちら

株式会社合格舎
〒107-0062 東京都港区南青山
2−2−15 ウィン青山ビル1403

info@gokakusha.com
時田ひろみつ

  • 時田啓光(時田ひろみつ) facebook

お問い合わせ受付、時田ひろみつが対応いたします。

お問い合わせ受付、時田ひろみつが対応いたします。


お問い合わせ受付、時田ひろみつが対応いたします。





東大の入試問題で「数学的センス」が身につく

■求められるのは「知識」よりも「考え方」
“難問"として知られる東京大学の数学入試問題ですが、高度な数学の知識以前に、発想の転換や多角的な視点、つまり、「数学的な考え方(センス)」が問われます。 この力は受験だけでなく、仕事や日常生活における問題解決の場面でも求められるものです。

■分解力・想定力・論証力・批判力が身につく!
本書では、「分解力」「想定力」「論証力」「批判力」の4つの力に分類。 実際に東大入試で出題された数学の問題(全15問)を通して、問題解決に必要な「考える力」が身につけられます。 仕上げとして、日常やビジネスに活かすための演習問題を用意しました。

■著者は“東大合格請負人"として話題の受験指導者
著者の時田氏は“東大合格請負人"として話題の受験指導者。 偏差値35の高校生を1年2か月で東京大学に合格させた実績を持ち、さまざまなメディアで取り上げられています。 数学が得意な人が感覚的に持っている「数学的センス」についてわかりやすく解説します。





書籍について

単行本(ソフトカバー): 208ページ
出版社: 日本実業出版社
言語: 日本語
ISBN-10: 4534052669
ISBN-13: 978-4534052667
発売日: 2015/3/19
商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.8 x 1.5 cm



著者

時田啓光(ときた ひろみつ)
株式会社合格舎代表。東大合格請負人。
1986年山口県生まれ。2011年京都大学大学院卒。
大手予備校に所属することなく、口コミや教え子の紹介などによる家庭教師や塾講師として延べ1200人以上の生徒を教えてきた。 偏差値35の高校生を1年2か月で東大現役合格へ導いた実績を持つ。
14年12月には『中居正広のミになる図書館』(テレビ朝日系)で、自分の力で問題解決を図る独自の指導哲学が紹介され、大きな反響を呼んだ。
メディア出演のほか、全国の高等学校などで講演活動を行なっている。


■書籍に関するお問い合わせはこちら



お問い合わせはこちら

>このページの上部へ戻る