toggle
東大合格請負人時田啓光による、志望校に合格するための勉強法
2020-08-16

本日の合格舎 通塾コース生徒との授業紹介 2020.8.16

今回は、全科目対応通塾コースで指導している英語が苦手な生徒Aさんと行った授業について紹介します。

Aさんは大学受験に向けて学習に取り組む浪人生で、現役の時に勉強のやり方が定まらず、

何が分かってないのか分からなくて困ってると、切実な思いで入塾された方です。

↓↓本日の英語長文でのやり取り↓↓

A「問3の問題が分かりません。」

私「問題文が読み取れなかった?それとも本文の該当箇所が見つからなかった?
それか選択肢の意味が分かんなかった?」

A「えーっと、問題文の意味は分かって、どこを読むかも分かったんですが、
本文で述べている事と選択肢の中で一致するものが見つけられませんでした。」

私「なるほど、そしたらまず具体的に本文はどこの文章を読んだか教えて。
次に、その文章を読んで質問に対する解答となるキーワードは何だと思った?」

A「えーっとですね、、、」

というやり取りをやった後、

A「次の問題の質問していいですか?」

私「どうぞ」

A「問4なんですが、これは問題文自体が分かりませんでした。

でも、自分なりに、〇〇ってことを質問されていると予想しました。

先生に質問したいのは、この本文の文章が、なぜこんな言い換えになるか知りたいです。

ちなみに、自分は、本文は◇◇という意味だと解釈しました。」

 

短時間ですが、生徒の質問力や学力が上がっているのが分かります。

まず「分からない」ことを「見える化」できると、

次の成長へのステップに自分で気づけるようになります。

 

自分で考える学力を身に付けたい方は

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

全科目対応通塾コース詳細をご覧下さい。

関連記事