toggle
東大合格請負人時田啓光による、志望校に合格するための勉強法
2020-08-18

本日の合格舎 生徒との世界史授業紹介[通塾コース] 2020.8.18

今回は、全科目対応通塾コースで指導している生徒Cさんと行った授業について紹介します。

Cさんは、以前映像学習をしてきて、単元学習はできていましたが、

ノートのまとめ方や学習スケジュールが適当で自主学習が身についてないタイプでした。

↓↓本日の世界史でのやり取り↓↓

C「宗教戦争のあたりの王様があやふやです」

私「各国に王様いっぱいいるもんね、名前変わる人もいるし」

C「そうなんですよ。」

私「今回は王様の立場で見ていくといいね。例えば、○○に批判的だったのは、王様Xと王様Y。逆に肯定的だったのは、この王様Zなのね」

C「なるほど、ノートはどう取ったら良いですか?」

私「左ページはこんな感じで、右ページにこんな風に書くと見やすいよ。」

C「あーたしかに復習しやすいですね。・・・書きました」

私「そしたら、この事件を起こしたのは、どの王様になる?」

C「さっきの話をまとめた後だと、それは王様Zしかいないですね。」

私「そういうこと。こうやって推理できるヒントをもっておくと、ただの暗記から抜け出せるよ。」

C「分かりました。逆に、王様XとYは批判している者同士だから、協力したりするんですかね」

私「良い発想だね、そういう流れはよくあるよ、事実、協力関係だったんだ。」

C「あーすごい人間性出ますね。」

私「だよね。」

ただの暗記からの抜け出す。
考えて歴史を歩いてみると
色んな発見があり、問題作成者の意図にも気付ける。

自分で考える学力を身に付けたい方は

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

全科目対応通塾コース詳細をご覧下さい。

関連記事