toggle
東大合格請負人時田啓光による、志望校に合格するための勉強法
2020-09-13

本日の合格舎 生徒との社会雑談[通塾コース] 2020.9.13

【欽定憲法のキンって?】

勉強してると面白くて最近笑ってしまう

Web指導コースのEさん

↓↓本日の政治経済の授業↓↓

E「先生、欽定憲法って何ですか?っていうかキンってどういう意味ですか?」

私「パット見で、何か分かりにくいよね。」

E「はい、あえて難しくしてるんじゃないかって思えます。」

私「うん、それはちょっとあるね。難しい文字で格式高くするっていうテクニックね。」

E「そうそう。あえての難しさは止めて欲しいです。」

私「そうだよね。で、話を戻すと、欽定の“欽”は、敬うとか慎むみたいな意味があって、相手にすごい敬意を払ってる表現なんだ。」

E「金属じゃないんだ。」

私「あーたしかに、すごい金属っぽい感じだよね」

E「見た目に騙されました」

私「人も文字も見かけ通りじゃないってことだね」

E「騙されないようにしなきゃ」

私「騙されて学ぶこともあるよ。」

E「えーやだ(笑)」

私「それで、今回の場合、すごい敬意を払う相手、もう1つの意味は王様や天皇に関する事柄にもこれが使われるんだ。」

E「ということは、天皇が決めた憲法ってことですか?」

私「意味はそういうこと。だけど、天皇が全部独断で決めたってことではないよ。」

E「なるほど。他の国にもありますよね、ドイツとか書いてました。」

私「うん、そうそう。外国の憲法で比較して考えてみると・・・」

 

細かいことに気づいたときは、

基礎からしっかり調べてみることが大切

自分の思い込みに気づいたときに

楽しいって感覚が湧くと次の行動がとりやすい。

 

↓↓↓時田が直接教える授業はこちら↓↓↓

WEB授業の詳細ページ

関連記事